電化製品の引越しは、運搬業者は慎重に選ばなくてはいけません。
最新型であればある程、衝撃に弱く繊細に作られているものです。

 

 

安心して運搬してもらう為にも、
依頼する業者は引越し業者または宅配業者を利用しましょう。

 

 

 

料金は各社違う為、見積もり比較が必須になってきます。

 

 

 

運ぶ家電のサイズや重量、そして個数や距離数でも運送代が異なり、

 

さらに、家電の取り付けが必要な場合は、こちらも設置料金が異なってきます。

 

 

料金は、業者により強み・弱みというものがあり変動します。

 

長距離輸送が得意、少ない荷物のプランを用意されていたりと多種多様です。

 

 

料金の目安としては、
家電1点を7000円〜15000円とし、複数点増えるごとに加算されていきます。

 

引越し業者の料金の場合は、各荷物に点数がつけられ、その合計で見積もり額が出されていきます。
出された点数によりトラックのサイズが決まり、小さいほど安くなります。

 

そしてそのトラックの大きさから距離制運賃または時間制運賃を適用します。
移動距離が100km未満の場合は時間制運賃になります。

 

さらに、人件費が加算されますが、大型家電であれば2人から3人が必要になります。
簡易冷蔵庫であれば1名で運搬できますが、それ以上のサイズやドラム式洗濯機となると重量が100kg近くなる家電も多く、人員が必要になっていきます。

 

 

料金計算はややこしく感じますが、どこが安いのかを調べるには見積もりを取っていくしか方法はありません。

 

 

 

 

また、宅配便の利用では、基本的に重量が25Kg以下となっていますので、電化製品によっては運搬不可の物が多くなります。こちらは主にダンボールで運べる荷物が対象です。

 

 

 

 

 

引越し業者なら、不用品の引き取りサービスを展開している場合もあります。
さらには、建物の養生、資材の無料配布から梱包までまとめてサービスとなり、格安になる事もあります。

 

 

運搬時に注意する家電は冷蔵庫や洗濯機で、基本的に立てて運ぶ事で故障の危険性を減らします。